2006年09月02日

「イルマーレ(リメイク)」試写会行ってきました

キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック
12年ぶりの共演のラブストーリー

theLakeHouse.jpg

昨夜、原宿クエストホールで行われた試写会に行ってきました!

「イルマーレ」 (英題 THE LAKE HOUSE)
監督:アレハンドロ・アグネスティ
出演:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、
ディラン・ウォルシュ、ショーレ・アグダシュルー

※9月23日公開

今まですごい見たいと思ってる映画に当たった試しがなかったので
試写会のハガキが届いた時はおぉーまさか当たるなんてと思ったわ。

この「イルマーレ」知ってる方も多いかもしれませんが、同名の韓国映画のリメイク版です。ハリウッドでリメイクの話が出る前から見たいと思っててNHKBSあたりで確か放送された時見逃してしまったんですよ。でも結果的に見ないでおいて良かった。リメイク版は私の好きなキアヌだし、おまけにサンドラと「スピード」以来の共演。

ストーリーは2004年と2006年を結ぶ不思議な郵便箱で文通を始めた男女が、実際には会えない互いへの恋心を募らせていく。というファンタジー・ラブストーリー。

なんか大人のしっとりとしたラブストーリーでした。二人にとっって重要な「湖の家」の風景が素敵で、ロマンチックな世界に浸れました。なかなか会えないのがもどかしいのだけど、こんな恋してみたいなーなんて(というかキアヌだからか)。
どうして二年の時差があるのに手紙が届くのか?…あまりその辺は追求せず、ファンタジーとして楽しむ映画です。おとぎばなしといってもいいかも。

詳しい感想はまた後日書けたら書こうかと思ってます。
そうそう試写会の前にロハスをテーマにした映像プラス映画にからめたメッセージが流れて照明もちょっと雰囲気出したりしてました。あと抽選券が配られてプレゼントコーナーもあったり(バスグッズやポーチ、プレスシートなど)、今まで行った試写会にはなかった体験で、ちょっと新鮮でした。
posted by bebe at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 新作映画

2006年04月16日

イーオン・フラックス見てきました。

Aeon Flux [Original Motion Picture Soundtrack]2415年、イーオン
君に泣いているヒマはない。


映画監督:カリン・クサマ
出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー

Aeon Flux [Original Motion Picture Soundtrack]

先週の日曜、そろそろ公開終わりじゃん;とあわてて見てきました。
まー期待せず気を抜いて見たらそれなりに面白かったなという感じでした。(あくまでもそれなりに)
なんといってもタダで見れるんだし♪(詳細は過去記事参照http://musicandmovie.seesaa.net/article/15096979.html

SF的にいろいろ趣向を凝らしてる映像がなかなか面白かったです。へんなカプセル飲むと意識だけは別の世界にいちゃったり(よくわからない説明ですみません)、敵のアジトに仕掛けてある罠とか。ちょっと笑えるアクションもあったけど皆笑ってないので笑えなかった;
イーオンの履いていた靴のヒール部分が小物入れになってたりしたのもツボでした。非常時に役立つわけねひらめき

やっぱり見所はシャーリーズ・セロンなんだけど、彼女のスタイルの良さがよく分かりました。アクションシーンでは足の長さにホレボレしちゃいました。
彼女の相手役トレバーを演じたマートン・ソーカスって見覚えなかったけど、ボーン・スプレマシーやキングダム・オブ・ヘブンに出演してるので前に見てるハズ。印象に残らない顔だ。。。その弟役のジョニー・リー・ミラー、久しぶりに見た。彼が出てたトレスポやプランケット&マクレーンなんか好きなんだけど最近ぱっとしない感じがさびしいね。実はアンジーの最初の夫でもあります(結婚してたのは1995年からの4年間)。

このイーオン・フラックスは元々アメコミだっていうのは知ってたけどアニメもあったんですね。
イーオン・フラックス オリジナル・アニメーション コンプリートBOX

イーオン・フラックス オリジナル・アニメーション コンプリートBOX
posted by bebe at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(10) | 新作映画

2006年01月09日

Mr.&Mrs.スミス

mrmrs.smith.jpgやっと観ました!
2大スター初共演のド派手アクションコメディ

一瞬で恋に落ちた、ふたり
おたがい、その正体は秘密。


監督は「ボーン・アイデンティティ」のダグ・リーマン。
主演ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー。
共演にヴィンス・ヴォーン(ブラピの元妻ジェニファー・アニストンと付き合っているらしい)

夫婦で凄腕の殺し屋、お互い正体を知らずにいる―こんなのありえるか〜!なバカらしい設定。
なにも考えずに楽しめるハリウッド王道の娯楽映画!
アンジーのクールな美女ぶりが決まっていれば、ブラピはおちゃめなナイスガイぶりで魅せる。
なにかと「話し合おう」というブラピに笑える。夫婦は話し合いが大事ですからねっ。

アンジーの女王.様ルック似合いすぎ〜。スタイルいいよねー。ビルから脱出してタクシーに乗るシーンCM・予告編で何度か観てたけど、いいねー。
でも映画を見る前に「E!」で映画の見所を見過ぎちゃっておもしろさが半減しちゃったのよね。やっぱり予告編以外はシャットアウトしておくべし!鉄則。

ふたりのファイトシーンではノリノリの音楽でやっている当人たちは痛そうで大変だろうけど、観客としは面白く夫婦喧嘩を眺めている感じでした。爆破やカーチェイス、銃撃戦とアクションとしはよくあるハリウッド映画ですが、ブラピ、アンジーの魅力あるスターによって極上の仕上がりになっています。見終って気分爽快♪おもしろかった。

Mr. & Mrs. SmithOriginal Soundtrack
Mr. & Mrs. Smith気になる曲が何曲かあったけど、ブラピが車でPOISONのNothin’ But a Good Timeをかけながらノリノリで登場するシーンが笑えた。

♪Used to Love Her (But I Had To Kill Her) とか映画にぴったりの選曲があったり、印象的だった♪Making Love Out of Nothing at All も収録されてます。


▼こちらはスコア盤
Mr. & Mrs. Smith [Original Motion Picture Score]
Mr. & Mrs. Smith [Original Motion Picture Score]


posted by bebe at 12:10 | Comment(4) | TrackBack(9) | 新作映画

2005年11月25日

「エリザベスタウン」見てきました

elizabethtown.jpgオーランド・ブルームがキュート!
現代劇のオーリーがとっても新鮮。共演のキルスティン・ダンストも魅力的。


すべてを失った僕を、待っている場所があった――
シューズ開発プロジェクトのデザイナードリュー(オーリー)は新商品の失敗により解雇される。企業に大損失を与えた責任をひとりで負わされ、恋人にも振られ生きる気力を失ってしまう。即席自殺マシーンを用意し、いざ実行しようとすると携帯の着信音が。仕方なく出ると父の死を知らせる電話だった。
父の故郷ケンタッキーにある小さな街エリザベスタウンへ行くはめに――
エリザベスタウンに向かうその途中クレア(キルスティン)という印象的な女性に出会う。

キャメロン・クロウ監督の作品って音楽がかなり重要な役割をしていますが、今作はかなり音楽的です。そのあたり相性合う人、合わない人と分かれるかもしれません。
ちょっと音楽がうるさく感じる部分もありましたが、選曲がよくてサントラ買いたくなりました。歌詞の内容がリンクしていたりするみたいです。
Elizabethtown
☆輸入盤Elizabethtown

☆日本盤パラマウント映画提供「エリザベスタウン」オリジナル・サウンドトラック

印象に残った曲は「ムーンリバー」。あの「ティファニーで朝食を」
で使われている有名な曲です。サントラには入ってないみたいですけどね。あとU2やトムペティの曲もよかった。

▼スコア盤はこちら
Elizabethtown

ヒューマン系なのかと思ってたらラブストーリーでもあって。冒頭で主人公は自殺しようとするんですけど、どこかユーモアがあって全然暗い感じではないんですよ。
スーザン・サランドンもオーリーの母親役で出演していて、いい味出してます。
キルスティンはやっぱり美人ではないと思いましたが、すごくいい表情する瞬間が何度かあって。女優になるべくしてなったのかなって思ったり。
もっと書きたい事がありますがネタバレになってしまうのでやめておきます。
見終わって色々なシーンを回想したくなるというか思い浮かべたくなる映画です。

Elizabethtown (SCREENPLAY)Elizabethtown (SCREENPLAY)

るんるんAmazon.co.jpトップセラー・サウンドトラック



posted by bebe at 22:00 | Comment(5) | TrackBack(14) | 新作映画

2005年10月25日

キアヌ・リーブスの次回作は?

まず現在アメリカで公開中の「Thumsucker」の話から。
キアヌは変わり者の歯列矯正歯科医役で、脇役でセリフも少ないみたいなんですよ。
指しゃぶりを止めたくてしかたがない青年が主役のお話。
オフビートなハートウォーミング系?

Thumbsucker←原作がこれ(洋書)
Thumsucker/Walter Kirn著

★公式サイト
http://www.sonyclassics.com/thumbsucker/

日本での公開はまだ未定のようです。

次に「A Scanner Darkly」 フィリップ・K・ディック原作
キアヌが主役で共演はロバートダウニーJr.、ウディ・ハレルソン、ウィノナ・ライダー他

これがアニメぽいというか実写映像を劇画タッチにした感じなんですよ。
こんな感じ↓ これは誰なんだろ?キアヌ?
scannerdarkly.jpg

これどこかで見たようなと思ったら「ウェイキング・ライフ」と同じ監督なんですね(リチャード・リンクレーター)。
*「ウェイキング・ライフ」は実写映像にデジタル・ペインティングを施したもの。
こっちの方が確実に公開されそう。キャストもいいしなんか面白そうるんるん
★公式サイト
http://wip.warnerbros.com/index.html?site=ascannerdarkly



暗闇のスキャナー

こちらが原作:暗闇のスキャナー

内容(*Amazon.co.jpより):どこからともなく供給される麻薬、物質Dがアメリカ中に蔓延していた。覆面麻薬捜査官アークターは、捜査のため自らも物質Dを服用、捜査官仲間にも知らさずに中毒者のグループに潜入し、彼らと日々を共にしていた。だがある日…"Amazon.co.jp で詳細を見る

もうひとつ「Stompanato」ストンパナート
これはまだ出演も正式に決定していないんですけど、実話の映画化で女優ラナ・ターナー宅で起きた殺人事件の話です。監督はエイドリアン・ラインの予定で、ラナ役にはキャサリン・ゼタ・ジョーンズの名が候補に挙がっているそうです。
ゼタとキアヌって意外な組み合わせ。

あとコンスタンティンの続編の話もあるみたいだけど、実現するかまだ…?という感じみたい。
見たい気もするけど微妙。
忘れてた「イルマーレ」のリメイクにも出演するんだった。サンドラ・ブロックと共演(スピード以来ですね)。

☆おまけ
第20回American Cinematheque Awardでのキアヌ(YAHOO! NEWSより)
kr200510.jpg
posted by bebe at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作映画

2005年10月07日

エリザベスタウン他 気になる新作

@エリザベスタウン
オフィシャルサイト(日本語)
11月公開 オーランド・ブルーム主演、共演はキルスティン・ダンスト
他にもスーザン・サランドン、アレック・ボールドウィン、ジェシカ・ビールが出演でキャストがなかなか豪華です。ジェシカ・ビールは公開中の「ステルス」にも出てますね。
ジェシカというと「シン・シティ」に出ているジェシカ・アルバとごっちゃになったりする。
あとジェンカ・シンプソンもいるし(彼女と間違えたら失礼すぎるけど;)

で、この映画オーリーにとっては初の現代もの? と思ったら今日レンタルショップで
チャンピオン 明日へのタイトルマッチという作品を見つけました。ボクシング映画で現代の話ようですけど、日本未公開だったのかな。

話を戻すとエリザベスタウンというのはケンタッキー州にある街の名前だそうです。
あとこの映画、エルトンジョンやナンシー・ウィルソン、トム・ペティの曲が使われていてサントラも要チェックです。
オフィシャルサイトは本家(英語)のが充実してますよ。
soon http://www.elizabethtown.com/

Elizabethtown

The Brothers Grimm [Soundtrack]

@ブラザーズ・グリム
こちらも11月公開 マットデイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ出演
監督がテリー・ギリアムなんですよね。
凝った映像になってそうで楽しみ!ファンタジーだけどダークで怖そうな雰囲気ぽい。
オフィシャルサイト(日本語)

12月にはブラピ+アンジーの「Mr.&Mrs スミス」やピーター・ジャクソン監督の「キングコング」が公開!どれを映画館で見るか悩むところです(*_*)
posted by bebe at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(3) | 新作映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。