2006年04月02日

「アメリ」サウンドトラック

AMELIEアメリワールドにどっぷりつかれるサントラです。

「アメリ」2001年公開のフランス映画。主人公のアメリは子供の頃から空想好きで、大人になってモンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察してこっそり恋のキューピッドをしたり、ちょっとした細工をしてしあわせにしたりしていた。
このサントラを聞いていると自然にアメリがいたカフェのシーンであったり、パリのモンマルトルの風景が思い浮かんできます。

私は「アメリ」は劇場では見ずにレンタルで見ましたが、最初に見た時はそんなに惹かれませんでした。その後どういうわけか見る機会があって二度、三度と見ていくうちにすごく好きな映画になりました。アメリが周りの人をしあわせにしたり、その逆もあり(あれはイタズラとはいえない怖い;)、ニノにアルバムを返す方法とか面白くて繰り返し見ても飽きない。インテリアとか映像的にもおしゃれっていうのもあるけど。で、何度も見るうちにサントラがほしくなり買ってしまいました。

作曲したヤン・ティルセンはフランスでもマイナーな存在だったそうですが、「メリ」のヒットによって有名になりました。「アメリ」で2001年のセザール賞(フランス版アカデミー賞のようなもの)の音楽賞を受賞しています。
アコーディオンが印象的だったり、ピアノが美しい曲も好きですが、6曲目のL'AUTRE VALSE D'AMELIEが一番好き。うん、これがアメリの曲だよなーと思ってしまう。

上のジャケットはちょっと怖い。
かわいいVer.のジャケットもある↓
アメリ


▼DVDアメリ【期間限定スペシャル版】は¥2500
アメリ【期間限定スペシャル版】

▼Yann Tiersenに興味をもった方におすすめ
La Valse des MonstresLa Valse des Monstres

L’Absente-日本企画盤L’Absente-日本企画盤


posted by bebe at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(3) | CDレビュー

2005年11月09日

「タランティーノ・コネクション」タランティーノ映画サントラ

The Tarantino Connection (Soundtrack Anthology)オイシイとこどり?
The Tarantino Connection (Soundtrack Anthology)


*Amazon.co.jp で詳細を見る


クエンティン・タランティーノが参加した映画のサウンドトラック・アンソロジー。
初監督作「レザボアドッグス」(1991・脚本,出演も) から四人の監督によるオムニバス「フォー・ルームス」(1995・監督,製作総指揮,脚本,出演)までの中から選出。音楽の使い方に定評があるタランティーノならではのサントラ集という感じですけど、監督作品以外も含まれているのがポイント。

たぶん一番所有率が高い「パルプ・フィクション」から3曲、すでに持ってる人はちょっとダブってしまうけどファンなら楽しめる内容だと思います(トゥルー・ロマンス、 ナチュラル・ボーン・キラーズも持ってるとなるとタブりすぎる;)。「キルビル」から入った人なんかには最適かも?
パルプ・フィクション

曲順にコメントしていきます。1.最初にタランティーノのインタビューが入ってます。日本盤には対訳付き、ただし歌詞はなし。
2.Misirlou(ミザルー):Dick Dale&His Del-Tones
もうコレは説明が必要ないくらい有名な「パルプ・フィクション」(監督,原案,脚本,出演)オープニングにかかる曲。なぜか「TAXi」でも使われたけど。これでテンションイッキに上がる〜

3.Dark Night(ダーク・ナイト):The Blaster
「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(製作総指揮,脚本,出演)から。ロドリゲス監督のB級ちっくなバンパイア映画。この曲流れたシーンなんとなーく覚えてるけど、なんといってもタラ(略)が出演してたのがインパクト大!

4.Little Green Bag(リトル・グリーン・バッグ):Gorge Baker Selection
「レザボアドッグス」(監督,脚本,出演)から。これも印象的な曲。男くさい映画のイメージにどんぴしゃ!かっこいい!自分的にはレザボアのサントラ持ってなかったので入っててウレシイ。けどコレ「小さな緑のバッグ」?歌詞の意味は…知ってる人いたら教えてください(他力本願)

5.Graceland(グレイスランド):Charlie Sexton
「トゥルー・ロマンス」(脚本)から。映画自体はかなり前に適当に見たのでむちゃくちゃヴァイオレンスな映画としか記憶してません。チャーリー・セクストンなつかしー!「Don't LookBack」しか知らないけど笑。今も地味に活動してるんでしょうか?
曲もなつかしい50'Sサウンドチック(プレスリー好きの主人公に合わせてってことらしいです)。

6.Girl,You'll be A Woman Soon(悲しきプロフィール):Urge Overkill
「パルプ・フィクション」から。この曲はユマとトラボルタが出かけてユマ宅に戻ってきて踊るシーンで流れてたと思います(久しく見てないので怪しい)。これもかっこいい曲でパルプの中でもかなり好き。でも邦題が「悲しきプロフィール」って何?

7.Waiting for the Miracle(ウェイティング・フォー・ザ・ミラクル):Leonard Cohen
「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(原案)から。オリバー・ストーン監督1994年の作品。そのうち見ようと思いつつそのまま見てないです;
日本盤CDの解説によるとがらがら蛇のアップで始まる冒頭で流れるそうです。独特のボーカルスタイルの渋い感じの曲です。

8.A Little Bitty Tear(ア・リトル・ビティ・ティアー):Burl Ives
「トゥルー・ロマンス」からの2曲目。ほんわかしたフォークソング。


レザボア・ドッグス
_
ナチュラル・ボーン・キラーズ
_
フォー・ルームス

まだ続きます続きを読む
posted by bebe at 19:22 | Comment(5) | TrackBack(3) | CDレビュー

2005年10月15日

チャーリーズエンジェル・サントラ紹介

先日テレビでチャーリーズエンジェルが放送されていたのでサントラを紹介。
実はちゃんと最初から見たことがないけど、見てない人にもおすすめです。

Charlie's Angels: Music from the Motion Picture (2000 Film)

Charlie's Angels: Music from the Motion Picture (2000 Film)

曲目
1.Independent Women, Pt. 1 DESTINY'S CHILD
2.Heaven Must Be Missing an Angel TAVARES
3.You Make Me Feel Like Dancing LEO SAYER
4.True             SPANDAU BALLEY
5.Dot               DESTINY'S CHILD
6.Baby Got Back         SIR MIX-A-LOT
7.Angel's Eye            AEROSMITH
8.Barracuda                  HERT
9.Turning Japanese        THE VAPORS 
10.Brandy (You're a Fine Girl) LOOKING GLASS
11.Got to Give It Up, Pt. 1    MARVIN GAYE
12.Ya Mama            FATBOY SLIM
13.Groove Is in the Heart      DEEE-LITE
14.Charlie's Angels 2000   Apoll Four Forty
15.Tangerine Speedo          CAVIAR


全体的にノリノリ♪能天気な気分で楽しめるアルバムになってます。
R&B、ヒップホップ、ハードロックにバラードもあってバラエティに富んだ選曲です。

まずデスティニーズチャイルド(以下デスチャ)の曲でかっこよく始まります。冒頭でルーシー、ドリュー、キャメロンの名を呼びかけてて、まさにチャーリーズエンジェルのための曲という感じ。この頃のデスチャは勢いにのっててそれに釣られて買っちゃったのが半分。5曲目Dotもデスチャです。

個人的に一番気に入ってるのが4曲目True、なんかふわふわとしたやさしいイメージのするバラードの名曲。スパンダーバレエを知らなくてもこの曲は耳にしたことがある人も多いと思います。

エアロスミス、ハートとハードロックナンバーもかっこよくて特にハートのバラクーダは70年代の曲なんだけど、今聞いても十分というか逆に新鮮だったりする。バラード(アローンやジーズ・ドリームス)のもいいので興味がある人はベスト版・グレイテスト・ヒッツをオススメ。

マービンゲイ、ファットボーイスリムディー・ライトなどノリがいい曲が続きます。
14曲目のチャーリーズエンジェルのテーマ曲、もともとテレビドラマ版チャリエンで使用されていたテーマ曲を2000年バージョンのロック調に仕上げたクールなナンバー。


▼続編フルスロットルのサントラ
Charlie's Angels : Full Throttle
ついでにフルスロットルの方も。気になったのがデヴィッド・ボウイRebel, Rebel (new recording)、この映画のために新たに録ったのかな?ボンジョヴィのLivin' On A Prayer、ジャーニーなど懐かしいロック系やMCハマーのU Can't Touch This が入ってる!こっちもかなり面白い選曲です。

Amazon.co.jpトップセラー・サウンドトラック



-----------------関連商品-----------------

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル コレクターズ・エディション

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション

posted by bebe at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(3) | CDレビュー

2005年09月28日

The virgin suicides サントラ紹介

ブログタイトルにmusic and movieとあるので、ここらでCDレビューも
書いておかねば…;当初はもっと音楽よりにしようと思っていたのに
いざ書こうと思うと難しい。
とりあえず無難に映画サントラでもるんるん

The Virgin Suicides (1999 Film)
Original Soundtrack
Emperor Norton (2000/03/28)
売り上げランキング: 31,386


【 収録曲 】
1. Magic Man Heart  2. Hello It's Me Todd Rundgren
3. Everthing You've Done Wrong Sloan 4. Ce Matin-La Air
5. The Air That I Breathe The Hollies
6. How Can You Mend a Broke Heart? Al Green
7. Alone Again Gilbert O'sullivan  8. I'm Not in Love 10cc
9. A Dream Goes on Forever Todd Rundgren
10. Crazy on You Heart 11. Playground Love Air
12. Come Sail Away Styx


ノスタルジック 切なくて、やさしい感じがなんか心地いい。
70年代の曲が多い中サントラ用に作られたインストルメンタルの4.と11.がいいアクセントになってる。

その2曲はAirというフランスの男性二人組によるものです。
これで初めて知ってもっと聞いてみたいと興味をもちました。

映画の中で2.Hello It's Meの使われ方が、まさにタイトル通りでしゃれてます。

6〜8が特に好きで、ギルバートオサリバンのこの曲は誰しもどこかで聞いたことがあると思うし、
I'm Not in Love10ccの名曲だし(他の曲知らなくてもこの曲は知ってるって感じ)映画見てない人にもおすすめです。

ヴァージン・スーサイズ
映画の方はどっちかというと女性受けするかな?
あまり万人向けではないと思います。
でもキルスティン・ダンストがいい!このジャケットのどあっぷもお気に入り。
あと意外な人(マイケル・パレ)が意外なシーンで出演してるのに注目。


Amazon.co.jpトップセラー・サウンドトラック

posted by bebe at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(1) | CDレビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。