2006年04月30日

リプレイスメント

リプレイスメント 特別版
代理選手たちはセカンドチャンスをモノにできるか?!

監督:ハワード・ドゥイッチ
出演:キアヌ・リーブス、ジーン・ハックマン、ブルック・ラングトン

アメフト版「メジャーリーグ」って感じのスポーツ・コメディです。リプレイスメントというのは代理選手という意味で、アメフトチームのワシントン・センティネルズは選手たちがストライキに入ってしまい、そこでチームオーナーはマクギンティー(G・ハックマン)に代理選手によるチームづくりを依頼。マクギンティーはかつては名監督として知られていた人物。彼はチームの人選を自分に任せてくれるならという条件で監督を引き受けることに。
さっそくチームの人選をするが…そのメンバーがかなり個性的で元サッカー選手、服役中の者、足が速いだけが取り柄だったり、強靭なSWAT隊員、力士(?!)などなど。そしてクォーターバックには高校時代にシュガーボウルで惨敗し引退したシェイン・ファルコ(キアヌ・リーブス)を呼び寄せた。

プロ経験がないどころかアメフト経験もなかったりする選手もいたりでありえないチームなんだけど、それぞれの強みを生かして上手いこと得点していくのが面白い。はっきり言ってアメフトのルールよく分からないし、見てるだけで痛そうなスポーツとしか思えない。そんな自分が見ても楽しめたのでアメフト分からない人が見てもオッケーだと思います。結構気に入りました。

キアヌは爽やか二枚目路線で脇のキャラ達がにぎやかで笑わせてくれます。
グロリア・ゲイナーのI Will Survive
でみんなで踊ったりするところとか段々とチームの信頼関係が生れていく過程がいい感じ。ブルック・ラングトンの恋もあったり、ここ一番に弱いという面をある主人公を好演しているキアヌ。なんか初々しい感じさえする。やっぱりキアヌって二枚目キャラなんだなーと再認識しちゃいました。

音楽もノリがよくて聞いたことがある曲がたくさんありました。
リプレイスメントリプレイスメントサウンドトラック

レヴューはまだ続きます。※この先ネタばれあります最後の試合に勝った時に流れるのがDavid BowieのHeroesなんて意外な選曲だった。でもこのシーンにはぴったりで個人的にDavid Bowie好きなのもあって感動的でした。
Gハックマンのラストのナレーションがせつなくていいね。結構ハマリ役だったし。で、シメはI Will Survive(笑)ここで16番キアヌがほとんど映ってないのよね。最初ハジにわずかに映ってるんだけど、主役なのに画面から外れてるっておかしいって(笑)。まぁ接着剤使っちゃう監督もおかしすぎ!

HeroesDavid Bowie
Heroes
posted by bebe at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画レビュー

この記事へのコメント
こんばんは。TBありがとうございました。
この作品、アメフトのことを知らなくても十分楽しめましたね。
試合のシーンの合間に入るチアリーダーたちがセクシーだったし(笑)
メジャーリーグのアメフト版みたいだったけど、セカンドチャンスを活かすというメッセージ性もちゃんと伝わってきて、いい作品だと思います。

こちらからもTBさせていただきます
Posted by chibisaru at 2006年05月03日 21:50
chibisaruさん>コメントとTBありがとうございました。
チアリーダーのお姉さん方セクシーでしたね。
実際もあんな感じの衣装なんですかねぇ。。。

セカンドチャンスを活かした後、みんな元の生活に戻っただけなのかな。そう思うとさびしい感じです。
またのご訪問お待ちしてますね〜
Posted by bebe at 2006年05月06日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17227623

#594 リプレイスメント
Excerpt: 監督:ハワード・ドイッチ 脚本:ビンス・マケウィン 製作:ディラン・セラーズ 出演者:キアヌ・リーブス 、ジーン・ハックマン 、オーランド・ジョーンズ、ブルック・ラングドン 、ジョン・ファブロー 、..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2006-05-03 21:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。