2006年01月29日

ニコール・キッドマンが国連親善大使に

nicolek.2005.jpg
女優のニコール・キッドマンさん(38)が26日、開発途上国の女性の自立支援を目指す、国連女性開発基金(UNIFEM)の親善大使に任命された。国連本部で記者会見したキッドマンさんは、普段は女性の権利に興味のない人々が、自分の名前と顔をきっかけに、女性の抱える問題へ目を向けてもらえるようになればうれしい、と話している。

キッドマンさんは、「今まで本当に多くの恵みを受けてきた。今度はわたしがお返しする番」と、活動への意欲を見せた。今後数週間以内に、現状把握のため、UNIFEMの職員らと各地を視察する予定。訪問先は、スーダンやコンゴ民主共和国(旧ザイール)、リベリア、アフガニスタンなどになる見込み。

映画「白いカラス」の制作準備中に女性問題の深刻さに気付いたというキッドマンさんは、被害を受けている女性を助けたいと考え、自ら支援を国連に申し出たという。「生涯を通じた活動になれば」と語っている。2006.01.27-CNN.co.jpより引用。(写真は別)

白いカラス Dual Edition
☆アンジェリーナ・ジョリーも親善大使だし、ハリウッド女優がこういった事に関わることによって一般の関心も集まるし、国連のイメージアップ(?!)にもなったりで一石二鳥って感じでしょうか。ニコールは国連を舞台にした「ザ・インタープリター」にも出演してたしね。

ひらめき今後のニコール・キッドマンの出演作情報
『インベイジョン』(原題)に主演。1956年の「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」
のリメイクだそうです。原作はジャック・フィニイのSF小説「盗まれた街」で、何度もリメイクされているみたいですね。

『ヘッドハンターズ』(原題)ではプロデュース兼主演をするようです。コミックノベルの映画化で、ストーリーは4人のニュージャージーの中年女性が金持ちの旦那を見つけるためにモンテカルロへ旅行するが、彼女たちに近づいて来たのは金持ちのふりをした運の尽きたジゴロだった―とコメディタッチな内容みたいです。


posted by bebe at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレブねた

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12445149
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。