2006年06月26日

ニコール・キッドマンが結婚!

nicole&keith Just Married

nicoleandkeith.jpg

25日に女優ニコール・キッドマンがカントリー歌手のキース・アーバンとシドニーで結婚式を挙げました。おめでとう〜!先月に婚約してあっという間に結婚式という感じですね。でも婚約期間が長くて、けっきょく破局してしまうセレブカップルも多いからスピーディで良かったね。

式にはラッセル・クロウやヒュー・ジャックマン、ナオミ・ワッツなども参列したそうです。他にも「ムーラン・ルージュ」の監督バズ・ラーマンやメディア王のマードック氏もいたとか。
ナオミ・ワッツとニコールは親友だったけど、不仲になったという噂もあったよね。式に呼ばれるってことはまた仲良くしてるってことかな。

いや〜もともとキレイな人がさらに輝いてますね。はぁ〜
ニコールって39歳なんだね。40前に結婚したかった(再婚だけど)というのもあるのかなと思ったり。
nicole.and.keith2.jpg

以下のサイトで画像見れます。もっと見たい人はどうぞsoon

CBS News
http://www.cbsnews.com/stories/2006/06/25/entertainment/
main1749361.shtml

BBC News
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/5114206.stm




posted by bebe at 19:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレブねた

2006年06月18日

ミーン・ガールズ

ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
サバイバル in ハイスクール
映画監督:マーク・ウォーターズ
出演:リンジー・ローハン、ティナ・フェイ、レイチェル・マクアダムス

ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
原作:ロザリンド・ワイズマン Queen Bees & Wannabes:〜

リンジー・ローハン目当てで借りてみました。ハービー/機械じかけのキューピッドとどっちにしようかなと思ったけど、こっちのが自分好みの気がしたので。
リンジー・ローハンって日本では人気というか知名度自体まだまだって感じですよね。アメリカではヤングハリウッドセレブとして大注目されています。ゴシップ、ファッションセレブ好きとしては気になる存在だったわけですが、写真以外で目にしたことがありませんでした。

リンジーは1986年7月2日生れ、現在19歳。かなり大人ぽいというかセクシーです。彼女は3歳からモデルとして活躍。9歳で子役デビューし、その2年後には映画デビュー。2003年ジェイミー・リー・カーティスと共演した「フォーチュン・クッキー」が大ヒット、ティーンのアイドルとなる。同時にシンガーとしてもデビュー(同映画のエンディングソングを歌っている)。
子供の頃からセレブだったわけですね〜トントン拍子にスターになっちゃったという感じがしますが…常にパパラッチに追いまわされているのもタイヘンだろうなぁ。
ルーモアズ*リンジーローハン:ルーモアズ

リンジーが演じるのは両親が動物学者だったことから、15歳になるまでアフリカのジャングルで育ったケイディという女の子。それまで自宅学習だった為、学校に通ったことがないという。16歳にして初めての通学することになり、学園生活に戸惑いながらも二人のクラスメートと仲良くなる。ふとしたことから学園のアイドルとして君臨するプラスティックスというセレブ気取りの女子3人組に気に入られ、仲間となるが…

まず動くリンジーを見た感想は写真で見るよりかわいい!スタイルよし!最初はごく普通の服装(素朴なシンプルカジュアル)から始まり徐々におしゃれになっていくファッションも楽しい。でもアフリカからきた割には馴染むの早すぎって思うけど。それもこの世界で生き残るための処世術ってことか?!

プラスティックスのリーダーはレジ―ナで、他の二人は彼女の言いなりでご機嫌取りのとりまき。レジーナはタカビーでイヤな女なんだが、みんなそう思いつつも彼女に気に入られようと必死になり、彼女のファッションを手本にして真似をする。
ケイディもレジーナを嫌いなのに彼女に気に入られたいという矛盾した気持ちになる。――つまりはプラスティックスの一員でいれば怖いものナシ、学園での地位みたいなものが得られるという考えが彼女の中でもできてしまったのか。続きを読む
posted by bebe at 17:15 | Comment(3) | TrackBack(2) | 映画レビュー

2006年06月12日

2046

2046アンドロイドも恋をする?

映画監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン、コン・リー、
チャン・ツィイー、フェイ・ウォン
2046

今更ながら2046を見ました。日本ではキムタクが出演!カンヌにも行きました〜って話題になりましたよねぇ。個人的にはキムタク=『俳優』とは思っていないし、同じ日本人として(?)恥ずかしくない演技してのかしらって、その程度の関心しかなかったりします。

ウォン・カーウァイ作品は恋する惑星を見て以来。恋する惑星にもトニー・レオン、フェイ・ウォンが出演してました。
2046というのは主人公演じるトニーレオンが書いている小説のタイトルであり、もともとは部屋番号からきてます。この映画とても映像がキレイだし音楽もマッチしているというか雰囲気があります。…が、ねむい!眠い(睡眠)なんか終始ねむかった(笑)つまらないってワケじゃないんだけど。例えるとビターチョコレート?大人のためのシックな映画でした。

まー俳優をじっくり眺められる映画でしょうか。特にトニー・レオン、大人の男の色気が出てて、日本にはこんな魅力を持った俳優がいるかなぁーとか思ったり。チャン・ツィイーも今までの彼女のイメージとは違った役柄なのが良かった。気が強くて、Sな女(笑)いやSって違うかな。トニーレオンにビンタするシーンでの二人のやりとりがセクシーだったわ。

そうそうキムタクですけど、別に良くも悪くもなかった…見た目ワイルドなのと七三分けのマジメ・リーマン風と2パターンあって、七三分けはちょっとおかしかった。他の俳優に比べると演技に深みがないという印象ではあったかな。
アンドロイドはトニーレオンが書いている小説の中で登場するんだけど、そもそもアンドロイドに感情があるのかって気になった。でもブレードランナーとかあたったし、そんなに気にすることないのかって。それよりアンドロイドと…できるのかって方が気になる(笑)そんなら一体欲しいとか思う人が続出するんじゃ?!
とかくだらない考えはいいってば;

ウォン・カーウァイ スペシャルコレクション / 『2046』<=>『in the Mood for Love ~花様年華』
ウォン・カーウァイ スペシャルコレクション / 『2046』<=>『in the Mood for Love ~花様年華』


にほんブログ村 映画ブログへ

posted by bebe at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画レビュー

2006年06月03日

シティ・オブ・ゴッド

シティ・オブ・ゴッド【廉価版2500円】世界のどこかで起きている現実の恐ろしさ

映画監督:フェルナンド・メイレレス
共同監督:カチア・ルンヂ
出演:アレシャンドレ・ロドリゲス、レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ、セウ・ジョルジ
シティ・オブ・ゴッド【廉価版2500円】
シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)

すごい。映画で描かれた恐ろしい世界が実在したというのにまず驚かされる。
ブラジルという国から思い浮かべるのはリオのカーニバル、サッカー王国…と陽気でラテンなイメージ。
この映画では60年代〜70年代頃のブラジルのリオデジャネイロのスラム街を舞台に子供達が銃を手に犯罪に手を染めていく日常を描いています。
ブラジルにこんな悲惨で暴力的な地域もあったんだと知りました。実話を基にした話で、原作は初めてスラムの住民の視点からスラムの現実を描いた小説だそうです。

スラム街のボスになるリトル・ゼ、まだ子供だというのに笑いながら何人も銃殺するシーンには凍りついてしまいました。
リトル・ゼに兄を殺されたブスカペの視点で少しユーモアを交えつつ語られるので、バイオレンスで満ちた話がいくらか緩和されて最後まで見ることができましたね。

いやぁ、もうなんか衝撃が強すぎて何を書いていいのかって感じです。
堅気だったマネの物語では憎しみからは憎しみしか生まれないという事が浮かび上がってきました。
暴力の連鎖―スラム街の暮らし以外知らない者にとっては断ち切ることは容易ではない。警察もまともに機能していない街。貧困―マジメに働いたところでわずかな賃金しか得られない。悪事(ドラッグを売ったり)に手を染めた方が稼げて、いい暮らしができる。そんな中でまともに生きていくのはどれほど困難だろうか…
ブスカペのように何か強く興味を持てるものがあればまた別の道が開けるのでしょうが、それもまた厳しい道のりだ。

「シティ・オブ・ゴッド」the remix project*「シティ・オブ・ゴッド」the remix project


posted by bebe at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。