2005年10月30日

リヴァー・フェニックス

The River Phoenix Album
この時期になるとふと思い出すひとりの俳優がいます。
彼が亡くなって12年。

RIVER PHONEIX リヴァー・フェニックス
1993年10月31日,23歳の若さで亡くなった
将来の活躍が期待される俳優のひとりでだった彼。

ハロウィンの前日10月30日の夜、兄弟のホアキンやレインと映画の共演者であり当時の恋人だったサマンサ・マシスと一緒にウエスト・ハリウッドのクラブ「ヴァイパールーム*」を訪れていた(*ジョニーデップらが共同経営しているクラブ)。リヴァーの具合が悪くなり店から出た後、道路に倒れ救急車で病院に運ばれたが、10月31日午前1:51に死亡が確認された。

死因がドラッグだと知り とてもショックを受けたのを今でもよく覚えている。
当時クラブ嫌い、ベジタリアン、環境問題や動物愛護に熱心であると知られていたリヴァーフェニックス。その彼がこんな形で亡くなるなんて信じ難かった。

彼が生きれいれば今年35歳。
そんなことは無意味だと思うけど、どんな役者になっていたんだろうと想像してみたくなる。

ロバート・レッドフォード監督の「リバー・ランズ・スルー・イット」の主役をを熱望したけれど、レットフォードはブラット・ピットを選んだという話があったり、後年はイマイチ作品に恵まれなかった感がある彼。
そのブラピも出ている「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」にリヴァーも出演する予定だったのにね。(リヴァーの代役はクリスチャン・スレイターになった。)

彼の作品で一番好きなのはスタンド・バイ・ミー(1986) です。出演作の中でも作品としてのクオリティも一番高いのではないかと思う。アカデミー助演男優賞にノミネートされた旅立ちの時(1988) やマイ・プライベート・アイダホ(1991) も好きな作品。
マイ・プライベート・アイダホで共演したキアヌ・リーブスとは親友だった。リヴァーは雑誌のインタビューでキアヌがいなかったらぼくにはあの役はできなかった。彼以外の共演者は考えれない と語っていました。


スタンド・バイ・ミー 〔SUPERBIT(TM)〕+

STAND BY ME :Original Motion Picture Soundtrack

マイ・プライベート・アイダホ

マイ・プライベート・アイダホではヴェネチア国際映画祭・男優賞、
全米批評家協会賞・主演男優賞を受賞。

映画の中の彼はいつまでも色あせないまま。
その魅力は消えることなく生き続ける…

10周忌追悼写真集 リヴァー・フェニックスの伝説

旅立ちの時

リトル・ニキータ

■リヴァー・フェニックス出演作映画リスト

愛と呼ばれるもの<未公開>(1993)
アメリカンレガシー(原題サイレント・タン)<未公開>(1992)
スニーカーズ(1992)
恋のドッグファイト<未公開>(1991)
マイ・プライベート・アイダホ(1991)
殺したいほどアイ・ラブ・ユー(1990)
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)
旅立ちの時(1988)
リトル・ニキータ(1988)
ジミー/さよならのキスもしてくれない(1987)
スタンド・バイ・ミー(1986)
モスキート・コースト(1986)
エクスプロラーズ(1985)
posted by bebe at 18:51 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画の話題・雑談

2005年10月29日

24 TWENTY FOUR今さら1stシーズンから

海外ドラマは好きで一時期はまって色々見ていたました。
最近は見始めてもすぐ脱落(エイリアス、デス妻等)。でもこれはあえて避けていたのです。それは「24」。なんか見始めると止まらないというか早く次ぎ見たい!状態になるのを恐れて手をつけなかったというのに…
見てしまいました(泣)FOXチャンネルでファーストシーズンを週一で3話ずつ放送してるのを暇つぶしについ。やっぱり面白い!!あーでも続きが気になってネットでざっとエピソードガイド読んじゃいました;
もうシーズン4まで出てるというのに。。。

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

カロリーメイトとコラボした商品も発売されてますね。
■カロリーメイトブロック チョコレート味4本入 x 5箱に
「24 - TWENTY FOUR -」シーズンIV 第1話「7:00」DVD、カロリーメイト×24 特製ミニリーフレット1がついて1,050円(税込)

お得だよね?買ってみようかな〜(乗せられやすい)
詳しくは下記サイトへ↓
http://www.cmt24.net/

24 TWENTY FOUR パーフェクトガイド
学研
学習研究社 (2004/03/25)
売り上げランキング: 11,188
おすすめ度の平均: 3.67
3 あぁ、もどかしい
4 面白いけども…
4 ガイド入門編として適した本です


▼11月7日(月)FOXチャンネルで「『24』トニー・アルメイダ来日特番」が放送されます。
8月に来日したトニー・アルメイダ役のカルロス・バーナード。超人気TVドラマシリーズ「24」の魅力とその裏側を語る特別番組で「トニー・アルメイダ来日特番」をオンエアします!
8月に来日してたんですね。なんか某バラエティ番組にもゲスト出演したみたいだし。

posted by bebe at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

アモーレス・ペロス

アモーレス・ペロス ― スペシャル・コレクターズ・エディション
−人間の計画を神様は笑う−

映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

出演エミリオ・エチェバリア、ガエル・ガルシア・ベルナル、ゴヤ・トレド


内容:ひとつの交通事故を起点に時間を前後して、兄嫁に恋した青年オクタビオ、手にしたはずのキャリアも恋人も一瞬にして失ったスーパーモデル・バレリア、かつて妻と娘を捨て反政府組織に入り今や殺し屋となってしまった初老の男エルチーボ、それぞれの激しくも切ない愛の物語が展開するオムニバス風ドラマ。
原題(犬のような愛)が示すとおり、いずれの物語も犬が重要な鍵として登場する。


公開時に「世界の真中で愛を叫んだ犬たち」なんてコピーがついてたんですね…;
見る前の予想に反して良かった。なにか引き込まれるものがあった。
人間の悲哀を感じる重みのある映画。

ひとつめの話、すごく生なましいというか現実にこういう日常を送っている人達がいるんだっていうのがリアルに感じられる映像。
闘犬って怖い。その犬のように凶暴になっていくオクタビオと重ね合わせているかの様で。
オクタビオが兄嫁に執着する気持ちが理解できない。恋は理屈じゃないんだけど、子持ちでしかも身ごもってるというのに…。
しかしこの犬(名前忘れた)の生命力はすごい。

21グラム (初回出荷限定価格)

同監督の2004年の作品「21グラム」

『誰もがいつか失う重さ。』

人は死んだ時、21グラムだけ軽くなるという。

ふたつめの話、これが一番堪えたなぁ。主役が女性で年齢も一番近そうという事もあるんだけど、交通事故っていつ自分の身に降りかかってくるかもしれないし。

演じている女優の表情がすごく自然に見えた。自分の身に起きたことが受け入れられず、ヒステリックになっていく心理的に追い詰められていく様子がつらい。
彼女の飼い犬が床下に入り込んでしまうのですが、あれだったら早く助ければいいのにってちょっと納得いかないパンチ

みっつめの話、世捨て人のようなこのオヤジは何がしたいんだろうって見てたら自分の娘を盗み見したり留守宅に入り込んだり。部屋に飾ってある1枚の写真を持ち出すので、記念に手元に置いておくのかと思ったら…面白いことするな。なんかかわいい。

殺し屋として依頼を引き受けたのにこんなのあり?ってこともするのだけど、ちょっと痛快だった。
それにしても殺しを依頼した男がマヌケ なんであそこで引き返さないのか。

前二つの話に比べ最後は希望がある終わり方で見終わって嫌な余韻が残らなかった。
暗い映画だけれど、紛れもなく人間の心理が描かれていて見ごたえのある作品です。



アモーレス・ペロス

アモーレス・ペロス・サウンドトラック
メキシコのロック、ヒップホップ・ナンバーを収録

posted by bebe at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(5) | 映画レビュー

2005年10月28日

こんなのあります・DVDボックス編

DVDが普及してDVDボックスもほんと色々出てますね。
まず昔見たあの映画また見たい!ってのから

ゴッドファーザーDVDコレクション

ゴッドファーザーDVDコレクション
ゴッドファーザーPart3はさすがによく覚えてるけど、最初とPart2はもう随分前にテレビとかで見たきり。最初からまとめて見たいって気になっちゃいました。
ただこれ《全収録時間12時間》だって。イッキ見はキツイなぁ。

次はちょっと映画通向け?
アメナーバル・コレクターズBOX

アメナーバル・コレクターズBOX
アレハンドロ・アメナーバル監督の「海を飛ぶ夢」、「アザーズ」、「オープン・ユア・アイズ」、「テシス 次に私が殺される」の4作品に加え短編2作品収録。

「海を飛ぶ夢」はまだ見てないけど、この監督の映画は何度も見返してしまいます。
特に「オープン・ユア・アイズ」は何度も見ちゃいました。ハリウッド版リメイクの「バニラスカイ」はまだ見てないので今度比較してみたいです。

次は俳優編
トムクルーズのボックスが11月9日に発売されます。
トム・クルーズ プラチナ7BOX (初回限定生産)
トム・クルーズ プラチナ7BOX (初回限定生産)「トップガン」、「デイズ・オブ・サンダー」、「ザ・ファーム/法律事務所」、「ミッション:インポッシブル」、「M:I-2」、「バニラ・スカイ」、「コラテラル」の7作品で¥9,664 リーズナブル。

アメリカでは人気急下降のトムクルーズだけど日本ではそんなに影響ないのでしょうか?



こちらはボックスならではの特典がついてます。
ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)
ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)
「アンディの缶箱」なんてついてるのがツボ。宝物入れにどうですか。
映画に登場するリタヘイワース(だっけ?)のポスターが付いてても面白かったかもなんて思いました。

posted by bebe at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話題・雑談

2005年10月26日

バンデラス殿堂入り他

スペイン出身のハリウッド・スター、アントニオ・バンデラスが、ハリウッドの殿堂に仲間入りを果たした。(FLiX)10月26日


レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード コレクターズ・エディション

マスク・オブ・ゾロ

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード コレクターズ・エディション


マスク・オブ・ゾロ


バンデラスって年いくつなんだっけ…調べてみると
1960年8月10日生れ、今年45歳なんですね。まぁ年相応って感じか。

バンデラス主演の「Legend of Zorro」レジェンド・オブ・ゾロの公開が11月に控えています。この作品はマスク・オブ・ゾロの続編でキャサリン・ゼタ・ジョーンズ共演、
監督はマーティン・キャンベル。日本では来年公開されるみたいです。

■キャメロン・ディアス、スタンフォード大学の授業に飛び入り参加

 キャメロン・ディアスがスタンフォード大学の授業に飛び入り参加し、クラスを驚かせた。ディアスの飛び入りは、セレブが授業を行う番組mtvUの一環として行われ、先週はマドンナがニューヨークのハンターカレッジで授業を行ったりもしている。ディアスは、友人で環境配慮デザイナーのウィリアム・マクドノー氏の授業に参加。(FLiX)10月26日

マドンナに続いてキャメロンも大学に乱入飛び入り参加。学生にとってはうれしいハプニングですねー。日本ではありえない感じですが。
キャメロン主演の「イン・ハー・シューズ」は11月12日公開。意外と先だな。なんかその頃には見る気なくなってるかも。
▼「イン・ハー・シューズ」の原作
イン・ハー・シューズ

他にも気になったゴシップはジェニファー・アニストン&ビンス・ボーン。以前から噂があったふたりですがキス現場が激写されて事実上つきあってるも同然みたいですね。
しかしブラピの後でビンス・ボーンって落差がありすぎじゃないですか?日本では知名度いまいちでもアメリカでは人気あるみたいだけど、あの顔がどうも苦手で。

あとジュード・ロウの元妻サディ・フロストと復縁説も気になったり。これはどーかな。シエナと別れて間もないし、すぐに復縁はないと思うけど…





posted by bebe at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | セレブねた

2005年10月25日

キアヌ・リーブスの次回作は?

まず現在アメリカで公開中の「Thumsucker」の話から。
キアヌは変わり者の歯列矯正歯科医役で、脇役でセリフも少ないみたいなんですよ。
指しゃぶりを止めたくてしかたがない青年が主役のお話。
オフビートなハートウォーミング系?

Thumbsucker←原作がこれ(洋書)
Thumsucker/Walter Kirn著

★公式サイト
http://www.sonyclassics.com/thumbsucker/

日本での公開はまだ未定のようです。

次に「A Scanner Darkly」 フィリップ・K・ディック原作
キアヌが主役で共演はロバートダウニーJr.、ウディ・ハレルソン、ウィノナ・ライダー他

これがアニメぽいというか実写映像を劇画タッチにした感じなんですよ。
こんな感じ↓ これは誰なんだろ?キアヌ?
scannerdarkly.jpg

これどこかで見たようなと思ったら「ウェイキング・ライフ」と同じ監督なんですね(リチャード・リンクレーター)。
*「ウェイキング・ライフ」は実写映像にデジタル・ペインティングを施したもの。
こっちの方が確実に公開されそう。キャストもいいしなんか面白そうるんるん
★公式サイト
http://wip.warnerbros.com/index.html?site=ascannerdarkly



暗闇のスキャナー

こちらが原作:暗闇のスキャナー

内容(*Amazon.co.jpより):どこからともなく供給される麻薬、物質Dがアメリカ中に蔓延していた。覆面麻薬捜査官アークターは、捜査のため自らも物質Dを服用、捜査官仲間にも知らさずに中毒者のグループに潜入し、彼らと日々を共にしていた。だがある日…"Amazon.co.jp で詳細を見る

もうひとつ「Stompanato」ストンパナート
これはまだ出演も正式に決定していないんですけど、実話の映画化で女優ラナ・ターナー宅で起きた殺人事件の話です。監督はエイドリアン・ラインの予定で、ラナ役にはキャサリン・ゼタ・ジョーンズの名が候補に挙がっているそうです。
ゼタとキアヌって意外な組み合わせ。

あとコンスタンティンの続編の話もあるみたいだけど、実現するかまだ…?という感じみたい。
見たい気もするけど微妙。
忘れてた「イルマーレ」のリメイクにも出演するんだった。サンドラ・ブロックと共演(スピード以来ですね)。

☆おまけ
第20回American Cinematheque Awardでのキアヌ(YAHOO! NEWSより)
kr200510.jpg
posted by bebe at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作映画

2005年10月24日

ワイルド・スピード

ワイルド・スピード コレクターズ・エディション
昨日テレビで放送してたのを途中から見てみた。

「とくかく車が速く走るのを競争する映画」なんでしょ?という認識しかなくて。

ヴィン・ディーゼルの吹替えが…
ミシェル・ロドリゲスがワイルド&セクシー。主役のポール・ウォーカーってなんか印象薄かった。ヴィン・ディーゼル兄貴に食われてない?

他にどんな映画出てるのなーと調べたら「タイムライン」に出てる。あと今後公開される「イントゥ・ザ・ブルー」にジェシカ・アルバと主演してます。

ストーリーが「ハートブルー」に似てるなぁ。<潜入捜査→仲間意識が芽生える→逃がす>って。
まーこういった映画はストーリーは重要じゃないからいいとして。
トラック襲撃のところはハラハラさせられたし、ラストのカーアクションも迫力ありました!

音楽も結構ハードな感じだった。
この映画にも出演してるジャ・ルールというラッパーの曲も使われてますね。あとR・ケリーやアシャンティとか。

意外におもしろかったけど続編はどーなんだろ。
ポール・ウォーカーが引き続き出ててデヴォン青木(シン・シティ公開中)なんかが出てるね。


ワイルド・スピード×2

ワイルド・スピード

ハート・ブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション
ついでに紹介:ハート・ブルー
*Amazon.co.jp より抜粋☆カリフォルニア、ベニス・ビーチで起こった連続銀行強盗事件。犯人はサーファーだと推測して潜入捜査に乗り出すFBI捜査官のユタ(キアヌ・リーブス)。
Amazon.co.jp で詳細を見る
posted by bebe at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画の話題・雑談

2005年10月23日

陽だまりのグラウンド

陽だまりのグラウンド
僕は、野球を教えた。子供達は、僕に人生を教えてくれた。

映画監督ブライアン・ロビンス
出演キアヌ・リーブス、ダイアン・レイン、ジョン・ホークス


このタイトルからしてベタな展開が予想できてしまうのですが、「子供」、「スポーツ」といった題材を使っているおかげで標準レベルはクリアしていると思う。

キアヌのダメ男ぶりは板についていて これが地なんじゃないかと思ったり。でもプライベートの時に撮られた写真なんか見るともっとだらしない格好してたりするし。お金のために仕方なくリトルリーグのコーチを引き受けたにしては子供達と苦労なく馴染んだ感じでもっとその辺りを丁寧に描いてもよかった気がした。

この野球チームの子供達は家の窓から銃弾が飛んでくるようなところに住んでいる低所得層な訳ですよ。それでも希望を持っている健気な子供達。。。
それぞれの子供の個性とか出しているんだけど、全員黒人。他の人種がいてもいいんじゃないかと思った。

あとキアヌの役自体の描かれ方が浅くて映画そのものが中途半端になってしまった印象。
子供に野球を教えるキアヌ(実際教えてるシーンはほんの少しだけ)というミスマッチを逆に生かせなかったのかな。
ちなみにこの年のラジー賞ワースト主演男優にキアヌが候補になってしまっている(「スウィート・ノベンバー」でも。*受賞したのはトム・グリーン 「Freddy Got Fingered」)。

賭けをしたバスケットの試合(テレビ)を店の外から友人と見てるシーンでキアヌの必死ぶりが一番笑えた。あと下手な歌を歌うところやイケてないスーツ姿も見れてキアヌファン的にはその辺面白いかも。

笑いがあって事件が起こって後半にほろりとさせる(分かっていてもうるうるしてしまう)
良作ではあるけど 何だか物足りないと感じてしまう。無難に作りすぎたのか…?
子供達の自然な演技がいいだけに何だかもったいない。




陽だまりのグラウンド
←-サントラです
☆キアヌも歌ってた「BIG POPA」も収録されてます。
ヒップホップ、R&Bナンバー満載。


Amazon.co.jp で詳細を見る


ロリポップならMovableType設置マニュアルも充実。
あなたも月々263円でブログデビューしてみよう!!



posted by bebe at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(3) | 映画レビュー

2005年10月20日

トム・クルーズの子供CMデビューへ

今日の気になった記事なんですけど、

米ハリウッドの大手映画製作会社、パラマウント・ピクチャーズが、人気男優トム・クルーズ(43)の婚約者で女優のケイティー・ホームズ(26)のおなかの中の胎児の超音波画像三枚を、来春公開されるクルーズの主演作「ミッション・インポッシブル3」の宣伝などに使うことが19日、分かった。
画像は、パラマウントが製作中のコメディー映画「ユアーズ・マイン・アンド・アワーズ」で、主人公の女性の妊娠発覚場面にも使われるとされ、生まれる前の赤ちゃんがCMや映画にデビューすることになる。(産経新聞) - 10月20日15時35分更新

まだ生れてもいないのにCMに映画出演も決定!ひゃー
生れる前からスター?将来どんだけ稼ぐんだろ。。。なんて。

ところで結婚式はいつするのっていう疑問があるんだけど。
例の宗教形式の結婚とかあったりするんでしょうか。。。

※追記
「ミッション・インポッシブル3」の全米公開は2006年5月5日で日本公開は2006年夏を予定。
監督 J・J・エイブラムス (テレビドラマ「エイリアス」「LOST」の製作総指揮・企画をしている)
出演はビング・レイムス、ローレンス・フィッシュバーン、フィリップ・シーモア=ホフマンほか

結局スカーレット・ヨハンソンとキャリー=アン・モスに出演を断られてしまってヒロインは決まらないままですね。もーこーなったらケイティに出てもらえ!

M:I-3オフィシャルサイトはこちら↓
http://www.missionimpossible.com/

ミッション:インポッシブル

M:I-2 ミッション:インポッシブル2

posted by bebe at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレブねた

マドンナがNYの大学で講義

Madonna Lectures N.Y. College Class(People.com)


madonna05.jpg

マドンナがニューヨーク市立ハンター大の映画のクラスに予告なしで登場し“サプライズ講義”を行なった。マドンナ主演の新作ドキュメンタリー映画「I'm Goint to Tell You a Secret」上映する講義で、上映直後にマドンナ本人が教室に登場した。


いーなーそこの学生達。うらやましいぞっ
その映画も気になりますが、来月にアルバムConfessions on a Dance Floorが発売されますねるんるん ワールドツアーを日本からスタートさせるという噂もあるけど実現するかな?

Madonna 2006 Calendar
Madonna 2006 Calendar

posted by bebe at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレブねた

2005年10月18日

楽園をください(シビル・ガン)

シビル・ガン 楽園をください
アメリカ南北戦争が舞台の苦い青春ドラマ
映画監督アン・リー

出演トビー・マグワイア、スキート・ウールリッチ、
ジョナサン・リース=マイヤーズ、ジュエル


CSで放送していたのをなんとなく見ました。。。南北戦争の話だという事とジョナサン・リース=マイヤーズ(ながっ)とか出てるって事しか知らずに見たらよくわからなかったバッド(下向き矢印)
なんで主人公達がゲリラをやっているのかわからず。。。
南北戦争や時代背景なんかの知識があったほうが楽しめるかもしれません。

はじまってすぐに1年後となって、みんな無精ヒゲに長髪になってて区別つかなくなるし。
でもジョナサン・リース(略)はあの美貌ですぐわかる(笑)長髪だけどひとりだけヒゲなしのすべすべなのは何故?演技もなんか微妙な気が。セリフが少ない役だから難しいところですが。

主人公ジェイク(トビーマグワイア)はドイツ系の為ゲリラの中でも少し異質な存在で、ピット(ジョナサン・リース)と対立するようになります。仲間内でも戦いがある中、唯一の黒人ホルトとジェイクが友情を深めていくのが救いになっている。ホルトもまた黒人が白人の奴隷である時代のため苦しい思いをしていたので自然と分かり合えるようになれたのかも。

歌手のジュエルも出演していますが、演技は意外に上手い。
ただこの役自体がちょっと。。。(ネタばれになるので具体的には書きませんが)
昔はこういう事が普通だったのかな?
エンディングの曲はジュエルの「What's Simple is True」
本領発揮?!さすがキレイな歌声です。

ひらめきこのアルバムに収録されています

Spirit
Spirit
posted with amazlet on 05.10.19
Jewel
Atlantic (1998/11/17)
売り上げランキング: 54,297



-----トビー・マグワイア出演作-----

シービスケット

半額半蔵 スパイダーマン関連パック「スパイダーマンTM2」「スパイダーマンTM 新アニメシリーズVol.1」「スパイダーマンTM 新アニメシリーズVol.2」

posted by bebe at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー

2005年10月17日

「dot the i」ガエル・ガルシア・ベルナル主演

ドット・ジ・アイ
2人の男、1人の女・・・もうひとつの視線

キスから始まる運命の恋


映画監督マシュー・パークヒル
出演ナタリア・ベルベケ、ジェームズ・ダーシー


オフィシャル・サイト http://www.dot-the-i.jp/


この映画は2転3転するサスペンスだと聞いていたので、じっくりと集中して見ました。
前半は三角関係の恋愛ものみたいで、キットとカルメンの恋が始まろうとしている感じとか見ていてすごくきゅんとするものがあって意外な展開。
キット、カルメン、バーナビー3人の俳優が役にはまっていて絶妙でした。

カルメンを誰かがずっと隠し撮りしているカメラがあって、これは誰がとっているのかと色々と考えを巡らせて見ていました。そうして見ているとかなりヒントを観客に与えているのが分かります。段々と誰のしわざだか見当がつくようにしてあるのだと思います。ただその動機までは見破れませんでしたが。。。

個人的にガエル・ガルシア・ベルナルをチェックするという目的もあって見たんですけど、
彼を見るのは「天国の口、終わりの楽園。」以来で、この映画の時は特別魅力は感じなかったけど(というか映画そのものに)なんか今注目されているのが分かる気がしました。

ルックス的には甘めのマスクで背はあまり高くなく割とフツーかなと思った。でも演技というか、あの表情にやられましたね。屈託なく笑っていたかと思うと ふと考える顔に変わり何を考えているのか、いやなんか企んでるみたいと思わせぶりな表情をするのです。
ただ身長がもう少しあれば…バーナビー役の俳優とすごい身長差があったので気になった。
映画の話に戻りますが、この先ネタばれがあります。続きを読む

posted by bebe at 20:49 | Comment(6) | TrackBack(10) | 映画レビュー

2005年10月15日

チャーリーズエンジェル・サントラ紹介

先日テレビでチャーリーズエンジェルが放送されていたのでサントラを紹介。
実はちゃんと最初から見たことがないけど、見てない人にもおすすめです。

Charlie's Angels: Music from the Motion Picture (2000 Film)

Charlie's Angels: Music from the Motion Picture (2000 Film)

曲目
1.Independent Women, Pt. 1 DESTINY'S CHILD
2.Heaven Must Be Missing an Angel TAVARES
3.You Make Me Feel Like Dancing LEO SAYER
4.True             SPANDAU BALLEY
5.Dot               DESTINY'S CHILD
6.Baby Got Back         SIR MIX-A-LOT
7.Angel's Eye            AEROSMITH
8.Barracuda                  HERT
9.Turning Japanese        THE VAPORS 
10.Brandy (You're a Fine Girl) LOOKING GLASS
11.Got to Give It Up, Pt. 1    MARVIN GAYE
12.Ya Mama            FATBOY SLIM
13.Groove Is in the Heart      DEEE-LITE
14.Charlie's Angels 2000   Apoll Four Forty
15.Tangerine Speedo          CAVIAR


全体的にノリノリ♪能天気な気分で楽しめるアルバムになってます。
R&B、ヒップホップ、ハードロックにバラードもあってバラエティに富んだ選曲です。

まずデスティニーズチャイルド(以下デスチャ)の曲でかっこよく始まります。冒頭でルーシー、ドリュー、キャメロンの名を呼びかけてて、まさにチャーリーズエンジェルのための曲という感じ。この頃のデスチャは勢いにのっててそれに釣られて買っちゃったのが半分。5曲目Dotもデスチャです。

個人的に一番気に入ってるのが4曲目True、なんかふわふわとしたやさしいイメージのするバラードの名曲。スパンダーバレエを知らなくてもこの曲は耳にしたことがある人も多いと思います。

エアロスミス、ハートとハードロックナンバーもかっこよくて特にハートのバラクーダは70年代の曲なんだけど、今聞いても十分というか逆に新鮮だったりする。バラード(アローンやジーズ・ドリームス)のもいいので興味がある人はベスト版・グレイテスト・ヒッツをオススメ。

マービンゲイ、ファットボーイスリムディー・ライトなどノリがいい曲が続きます。
14曲目のチャーリーズエンジェルのテーマ曲、もともとテレビドラマ版チャリエンで使用されていたテーマ曲を2000年バージョンのロック調に仕上げたクールなナンバー。


▼続編フルスロットルのサントラ
Charlie's Angels : Full Throttle
ついでにフルスロットルの方も。気になったのがデヴィッド・ボウイRebel, Rebel (new recording)、この映画のために新たに録ったのかな?ボンジョヴィのLivin' On A Prayer、ジャーニーなど懐かしいロック系やMCハマーのU Can't Touch This が入ってる!こっちもかなり面白い選曲です。

Amazon.co.jpトップセラー・サウンドトラック



-----------------関連商品-----------------

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル コレクターズ・エディション

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション

posted by bebe at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(3) | CDレビュー

2005年10月14日

007新ボンド役がほぼ決定!

新しいジェームス・ボンド役に選ばれた俳優は、ダニエル・クレイグ
という記事を読んで「誰やそれ?」と思いましたが、
調べてみると「ホテル・スプレンディッド」、「トゥーム・レイダー」、「ロード・トゥ・パーディション」に出演しているイギリス人の俳優で、映画「Layer Cake ※日本未公開」でシエナ・ミラー共演していて、ジュード・ロウとも仲のよい友人らしいです。…がっ!ジュード浮気騒動後、仲直りしたかに思えたシエナがダニエル・クレイグと浮気したとの噂が。うーんジュードは自業自得なんですけどね。シエナはどういうつもりなんだろ?単なる仕返し?別れたいのか?

layercake_cover.jpg
←この真ん中の人がダニエル・クレイグ。もっと写真を見たい人は
soon「Layer Cake」オフィシャルサイトへgo♪ 
layercake official


かっこいいのかな?「トゥーム・レイダー」ぐらいでしか見てないのでよくわからないんですけど。
でもやっぱりイギリスの俳優が選ばれたんだなー。



アルフィー プレミアムBOX 2006 Alfie フォトダイアリー付 (初回限定生産)
私生活がさんざんなジュード・ロウですが映画でがんばってくださいということで→アルフィー プレミアムBOX 2006 Alfie フォトダイアリー付 (初回限定生産) 20%OFF ¥3,948

posted by bebe at 19:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画の話題・雑談

2005年10月13日

「アメリ」のクリームブリュレを六本木で

ameri.gif
六本木ヒルズでさまざまなスタイルで“映画”を楽しむプランのシネマウィークスが開催中2005.10/1〜10/30まで

どんなプランかというと
●“Love”Cinema Special (※10/21まで)
VIRGIN TOHO シネマズでは、人気の7本のラブストーリーをプレミアスクリーンで、日替わりで上映。ただし明日以降で見られる作品はアメリ、初恋のきた道、めぐり逢えたらの3本です。
1,500円でワンドリンク付。


ショコラ

Sleepless In Seattle: Original Motion Picture Soundtrack

ショコラ Soundtrack ▲めぐり逢えたら Soundtrack


●“Love”Cinema Specialメニュー
Love”Cinema Specialの 各作品にちなんだメニューが、勢ぞろい!
「アメリ」アメリの大好きなクリームブリュレ
「ローマの休日」アン王女 甘く切ないラブロマンスの味のジェラート
「ショコラ」ヴィアンヌのようにスパイスを使った、香り高いショコラなど
12の飲食店で映画に関連したメニューを提案。

六本木ヒルズのサイトに実際のメニューの写真がのってるんですけどおいしそーで
食べたくなること請け合いです!クリームブリュレしばらく食べてないなー
アメリみたいにカチカチになったカラメル壊したいぃ
なんかこういうイベントってすごく秋ぽいですねぇ

他には“ふたりの秋”サービス、「シネマウィークスキャンペーン」のプランが有ります。
詳しいことはこちらをチェック ↓ ↓ ↓
http://roppongihills.com/jp/events/cinemaweeks.html




posted by bebe at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話題・雑談

2005年10月12日

ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー
ジェイソン・ボーン再び!
孤独な戦いの末にあるものは?


映画監督ポール・グリーングラス
☆出演 マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン

原作ロバート・ラドラム「殺戮のオデッセイ」


前作ボーン・アイデンティティーの監督ダグ・リーマンは製作総指揮に回ってます。
公開時に見逃してやっと見ました。やっぱり見せ場はカーチェイス!
前作同様に元同僚スパイと戦ったり、敵から追われてという展開ですけど全体にパワーアップさせた感じでした。
マリーが死んでまた孤独になったボーン。今回の敵・パメラをビルから射的(?)する姿が決まっている!さすがスパイ(笑)でもそこでは撃ちませんが。パメラがこちらは彼を使っていたのだから彼の先を読めるはずとか言ってたけど全然読めてないですからっ。
ジュリア・スタイルズ(役名忘れた)も引き続き出演してますが、思ったより出番なし。彼女は女優としていまひとつぱっとしないな。。。
ボーンの命を狙うスナイパー役がカール・アーバン、見てるとき全然気づかなかったけどロードオブザリングのエオメル役だった人なんですね。コスプレしてないと印象が変わる。つーかコスプレの時のがかっこよかった(^^;)

クライマックスのカーチェイスはかなり激しくてよく車がもったな。
そしたらDVDの特典映像で車を何度も修理して使ったって言ってて思ったより地道なことしてるんだなと感心。ベルリンは寒くて苦労したとか撮影の合間にマットがふざけてるところも見てれなかなか面白かった。

ジェイソン・ボーン ツインパック←前作とセットになったツインパック(¥4,183 )も出ています。
でもこれ3部作みたいなので揃えたい人は買わない方がいいかも?


The Bourne Supremacy [Original Motion Picture Soundtrack]

The Bourne Identity [Original Motion Picture Soundtrack]

▲Soundtrackもあります。


ちょっとネタばれ続きを読む
posted by bebe at 19:29 | Comment(1) | TrackBack(3) | 映画レビュー

2005年10月11日

本日深夜放送「遠い空の向こうに」

深夜25時55分〜日本テレビ(4ch)映画天国チネ★パラで放送される「遠い空の向こうに」の紹介

exclamationすいません!時間を間違えていました。正しくは26時19分〜です

遠い空の向こうに価格¥1,000
映画監督ジョー・ジョンストン 2000年公開作品。

◎あらすじ(*Amazonより抜粋)57年、ウエストバージニア州の田舎町に住む、ソ連の人工衛星打上げに触発された高校生のホーマー。

炭鉱夫の息子は炭鉱夫になるのが常識だった時代に、父親の反対を押しきり、ホーマーは3人の仲間と女教師の助けを得て、ロケットを作り始める。周囲の反対にもめげず、星を目指して新しい運命を切り開く。


主役ホーマーにジェイク・ギレンホール(ムーンライトマイル、デイ・アフター・トゥモロー)。父親役にクリス・クーパー(マット・デイモン主演ボーン・アイデンティティーの敵役だったオジさんです)、ローラ・ダーン、クリス・オーウェンが出演。

この映画はNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝が基になっているそうです。


地味ながら感動できる青春映画と聞いて、今まで見ようと思いつつ見逃していた映画なので要チェック!こういう映画こそゴールデンで放送したらいいのにね。見た後改めてレビューを書くことにします。


主人公演じるジェイク・ギレンホールについて
ジェイクの姉は女優のマギー・ギレンホール(セクレタリー、モナリザ・スマイル)。そのマギーの親友でもあるキルステン・ダンストと現在つきあっているとのこと。


ムーンライトマイル デラックス版

「デイ・アフター・トゥモロー」 スーパー・パック デイ・アフター・トゥモロー / タイタニック

ムーンライトマイル デラックス版
「デイ・アフター・トゥモロー」 スーパー・パック デイ・アフター・トゥモロー / タイタニック
posted by bebe at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話題・雑談

2005年10月10日

キルビルとキルエビル

似て非なるもの

キル・ビル Vol.1 (UMD Video)

キル・エビル

左はキル・ビル(Vol.1)で、右がキル・エビル

レンタル店でキルビルそっくりのパッケージを見つけた。ん?キルビル?なんか違う。。。
「キル・ビル」でビル役だったデヴィッド・キャラダイン主演のB級映画(見てないけどたぶんB級)
「キルエビル」だそうな。ちなみに原題はNATURAL SELECTION(サブタイトルTHE MONSTER HUNTER)

キルビルを真似てちょっと遊んでみました風パッケージが笑える。
苦肉の策なんだろうけど、見る人は稀でしょうね。。。
もうひとつちょこっと似ているパッケージ発見。


愛すべき女・女たち

ドット・ジ・アイ


左はゴダール監督愛すべき女・女たち右は今、注目の俳優ガエル君主演ドット・ジ・アイ
これは偶然似ちゃっただけでしょうけど、ドットジアイかと思って手にしたら違うタイトルだったので。ちゃんとドットジアイの方をレンタルしてきましたので後日レビュー書く予定です。

↓ゴダールを検索したらこんなオシャレなものがありました。

「恋人のいる時間」IENA BOX 限定エディション
コロムビアミュージックエンタテインメント (2003/05/21)
売り上げランキング: 25,973



posted by bebe at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画の話題・雑談

2005年10月09日

コンスタンティン

コンスタンティン
今回のキアヌは「天国と地獄のエージェント」らしい

映画監督フランシスローレンス

☆出演キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ

原作はアメコミ「Hellblazer」


2分間だけ自殺に成功した過去を持つジョン・コンスタンティン。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、人間に害を及ぼすものたちを地獄に送り返す。
といったストーリーなんですが、この主人公コンスタンティンの設定がユニーク。マトリックスよりキアヌの本来の魅力が出ている気がします。

全体的にダークな雰囲気で統一されていてかっこいい!
ハーフ・ブリードという完全な天使でも悪魔でもない存在−−カブリエルとバルサザール
カブリエル=神に仕えるもの、バルサザール=悪魔側の使い といった感じでしたが。

で、この映画に関しては俳優にかなり魅力を感じました。
キアヌはもともと好きな俳優なんですけど、レイチェル・ワイズが双子役を上手く演じていると思いました。この二人はチェーン・リアクションで共演済みですね。
彼女の代表作といえばハムナプトラ シリーズスターリングラードアバウト・ア・ボーイにも出てますね。
とくに気になる女優ではなかったけど、コンスタンティンでは映画の世界観にマッチしていていい感じ。

オルランド 特別版
カブリエル役のティルダ・スウィントン、中性的なイメージではまり役。オルランドという映画では男から女へ生まれ変わるという何とも不思議な主人公を演じています。彼女に興味をもった人はぜひ見てほしい映画です。
もうひとり気になったのがバルサザール役のギャヴィン・ロズデイル。続きを読む
posted by bebe at 18:30 | Comment(4) | TrackBack(8) | 映画レビュー

レリック

レリック
殺人寄生生命体「レリック」が人々に襲いかかる!


映画監督ピーター・ハイアムズ
☆出演ペネロープ・アン・ミラー、トム・サイズモア


もっとリアルに虫ぽいモンスターが襲ってくるのかと思ってたらそうでもなかった。
どうもミミックと間違えていたようだ。ゴキブリが巨大化して襲ってくるという恐ろしいストーリー。こっちを見なくてよかった(^^;)

レリックに話を戻すと、ありがちなモンスターパニック映画でした。DNAがどうとか科学的なエッセンスが加えてあるんですけど、あまり意味なかった気もします。
前半はサスペンス的で、主人公のグリーン博士(ヒロイン)が勤めているのは博物館内の研究室なんですけど、夜の暗くなった博物館や研究室にひとり残ってたりするシーンが怖い雰囲気を出してます。でもモンスター(レリック)が本格的に登場するのが遅いなーと思ってしまった。
この先ネタばれになります。続きを読む

posted by bebe at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。